生ごみをリサイクルするとメリットがたくさんあります

環境を良くする意識を持とう

綺麗な花を咲かせよう

栄養が詰まっている堆肥

植物をうまく育てるためには、良い土が必要です。
土が悪いと栄養を吸収できないので、綺麗な花は咲きません。
うまくいかなかったら、堆肥を変えるのがおすすめの方法です。
生ごみを利用すると簡単に堆肥を作れますし、栄養が詰まっているので今度は綺麗に花を咲かせることができるでしょう。

たくさん堆肥が販売されていますが、種類が多すぎてどれを選択すれば良いのか迷うと思います。
適当に購入して、あまり良くない堆肥だったら困ります。
自分で作った方が安いですし、栄養もあるので安心できるでしょう。
ガーデニングが趣味の人も、堆肥を手作りにしてください。
最初は作業に慣れなくて苦戦するかもしれませんが、やり続けると慣れてスムーズに作れるようになります。

段ボールで作ってみよう

身近にある段ボールを使って、生ごみを堆肥に変えられます。
生ごみをリサイクルする方法の中で最も費用が掛からないので、安いことを最優先している人は段ボールを使ってください。
方法は簡単で、基材と生ごみを入れてよく混ぜるだけです。
混ぜる時はゴム手袋を付けたり、スコップを使ってください。

直接手で混ぜると、バイ菌が土の中に侵入してしまいます。
生ごみを堆肥に変えてくれる微生物が、バイ菌によって死んでしまうかもしれません。
堆肥は慎重に扱うことを心がけましょう。
悪臭や虫も発生しにくいので、管理が非常に簡単と言われています。
すぐ始められる方法なので、初めて生ごみで堆肥を作る人に向いています。
初心者でも、順番通りに作業を進めるとうまく作れます。

▲ ページトップへ戻る