生ごみをリサイクルするとメリットがたくさんあります

環境を良くする意識を持とう

野菜を作る時に欠かせない存在

農作物を育てよう

自分で野菜や果物を育てている人がいると思います。
おいしい野菜を育てるには、土が重要です。
栄養のある土で育てると、おいしく成長します。
堆肥を使っている人が多いですが、普段は買っているのではないでしょうか。
生ごみを使用すると作れるので、ハッキリ言って堆肥を購入するのはもったいないです。

費用削減になる部分が、生ごみをリサイクルするメリットでしょう。
おいしい野菜を作ることを目標にして、堆肥を作ってください。
するとこれまで堆肥代に使っていた費用が浮くので、自由に使用できます。
便利な農業用の機械を買っても良いでしょう。
人の手で行っていた作業を機械に任せることで、負担を削減できます。
もっと楽に、農業が進むでしょう。

いろんな作り方がある

庭に円柱の箱を埋め込んで、そこに生ごみを入れて堆肥を作る方法もあります。
土の中に住んでいる微生物の力を利用して、堆肥にしてください。
生ごみだけでなく雑草も入れられるので、ごみを処理する時にかなり役立ちます。
しかしこの方法は、臭いが発生することがあるので注意してください。
箱を浅いところに埋めると、臭いが発生しやすくなります。

周囲への被害も考えて、深いところに埋めてください。
また虫がわくことが考えられるので、定期的に中身をチェックしなければいけません。
虫がいたら、排除してください。
虫が暮らせるということは堆肥の状態が良いことの証拠なので、悪いことではありません。
しっかり管理して良い堆肥を作りましょう。

▲ ページトップへ戻る